オタクキッズの墓場

あんまり音楽的な話は出来ません。

2017年個人的に刺さったアニメソング10選

みなさん今年も強い曲に出会えましたか?12月も半ば、今年ももうそろそろ終わりですね。という事で備忘録的に個人的に刺さったアニメソング(広義)を10選紹介したいと思います。基本的にOPEDを選んでます。キャラソンゲーソンコンテンツをやりだすとキリがなさそうなので許してください。

 

①Soul Beliver(キラキラ☆プリキュアアラモード 劇中歌)

キラキラ☆プリキュアアラモード OST Soul Believer ~ワイルド・アジュール・バージョン~ (Soul Believer ~Wild・Azure・Version~) - YouTube

公式の動画が無かったのでこれで勘弁してください。

早速キャラソン。劇中歌なので許して。

幼女アニメとは思えないバッチバチのイントロにテレキャスっぽい音炸裂。今年一番刺さった作曲家の睦月周平さんの曲の中でもトップクラスに刺さりました。2Aのツーステゾーンがめちゃ強い。サビが天樂に似てる話はそっとしてあげて下さい。

 

②流星ダンスフロア/ORESAMA(魔法陣グルグル OP2)

ORESAMA / 流星ダンスフロア -MUSIC VIDEO- (TVアニメ『魔法陣グルグル』2クール目OP主題歌) - YouTube

ORESAMAという新進気鋭のアニソンユニット(でいいのかな)の曲。今年リリースされたワンダードライブTrip Trip Tripもめちゃくちゃ強いのですが、アニソンっぽいメロディーにコロコロ変わる曲調とディスコファンクっぽいアレンジのバランスが絶妙なのでこっちを選びました。シングル全部にカップリングが二曲ついててそれも強いので是非に。ヨソユキノマチとねぇ、神様。が好き。てかベースが一番目立ってるのにサポメンなのどうなの。仲間に入れてあげて。

 

③Edelweiss/亜咲花(セントールの悩み OP)

亜咲花「Edelweiss」Music Videoフルバージョン(TVアニメ「セントールの悩み」エンディングテーマ) - YouTube

オタクの強い曲のイメージみたいな曲。現役高校生シンガーの亜咲花さんパフォーマンスバケモンなので一度見て欲しいですね。あとめちゃくちゃレスくれるので好きになっちゃう。カップリングのUnfulfilled Butterflyもクソ程強いので是非に。

 

ワガママMIRROR HEART/大橋彩香(政宗くんのリベンジ OP)

【試聴動画】大橋彩香5th Single「ワガママMIRROR HEART」Music Video - YouTube

この曲をアニマ大阪で初めてフルで聞いた時、推しにめちゃくちゃ強い曲が降ってきたのが嬉しすぎて涙した男がいるらしい。

そんなことは置いといて本当に強いですよね。ピアノは編曲前は入ってなかったらしく編曲家酒井拓也さん天晴。加藤大祐を手放しで褒めてるオタク、moving soulUNISONIAの編曲もしてる酒井さんを見てくれ。あと大橋さんが好きな凛として時雨を意識したカップリングのロンリーサンシャインも想像のSecurity感が凄いので聞いてみてください。

 

⑤Ubiquitous dB/ユナ(CV.神田沙也加)(劇場版 SAO オーディナルスケール 劇中歌)

【SAO】Ubiquitous dB ~Yuna ver~ Full - YouTube

度々公式じゃないのはごめんなさい。

まぁ~強い。まず期待せず見に行ったら映画がクソ面白かった。なんか今のアニメソング!!って感じがしませんかこの曲。神田沙也加さん歌上手すぎる。

 

サタデー・ナイト・クエスチョン/中島愛(ネト充のススメ OP)

中島愛「サタデー・ナイト・クエスチョン」MV(Short ver.) - YouTube

イントロがフジファブリック過ぎて転げる。元々フジファブリック大好きなのでぶっっ刺さりました。最近シティポップよりな楽曲が多かったフジがここに来て志村時代を彷彿とさせるクサイイントロの曲を提供してきたのが本当にびっくりしました。中島愛さんの色っぽい感じも非常に良いですね。

 

Invisible Sensation/UNISON SQUARE GARDEN(ボールルームへようこそ OP2)

UNISON SQUARE GARDEN「Invisible Sensation」ショートver. - YouTube

今年も大活躍田淵智也さんが年末に落とした核弾頭楽曲。10%~、fake~もめちゃくちゃ強いのにそれらが霞むレベルで強い。イントロの高まりでセレナーデが止まらない。てか斎藤さん脳みそ二つあんじゃないの、ギターだけでも難しいでしょうこの曲。

 

⑧BUTTEERFLY EFFECTOR/TRUE(ひなろじ OP)

TRUE「BUTTERFLY EFFECTOR」 Music Video Full Size - TVアニメ「ひなろじ~from Luck & Logic~」OP主題歌 - YouTube

とんでもない歌詞製造マシーンことTRUEさん、今年もフロム、キネマ、サウンドスケープなど強い曲を提供し続けてくれたんですが、曲単体で見るとこの曲が一番強いと思います。そしてライブでのこの曲楽しすぎ!!!

 

⑨ネ!コ!/パトリシア・オブ・エンド、黒木未知、夕莉シャチ、明日原ユウキ(ノラと皇女と野良猫ハート OP)

【ノラと皇女と野良猫ハート 主題歌】 ネ!コ!/パトリシア・オブ・エンド、黒木未知、夕莉シャチ、明日原ユウキ - YouTube

公式じゃないのは'

過激派の多いこの曲。中毒性の一点を突いた曲ですね。どうでもいいけどノラととはゲームやろうぜ。

 

⑩kaleidoscope/Choucho(劇場版Fate-kaleid-プリズマ☆イリヤ-雪下の誓い 主題歌)

ChouCho 『劇場版プリズマ☆イリヤ』主題歌「kaleidoscope」「薄紅の月」 試聴動画 - YouTube

プリヤの映画補正マシマシですが、普通に強いと思います。マジでアニメと映画を見た後だとアウトロの「ふたりなら回りだす新しい未来」からのStarlogのイントロに繋がるやつ本当にとんでもないです。歌詞の内容も士郎と美優、イリヤと美優の両方に取れる歌詞がとんでもない。初めての恋が終わる時を歌っていた頃からChouChoにボコボコにされています。助けてください。

 

こんな感じですかね。バンド好きなのでアニソンアニソンしたやつが少なくてごめんなさい。あとどうしても秋アニメが多くなってしまうのもごめんなさい。動く、動く。とかニューゲEDとかも好きでした。

あとゲーソンというか、ソシャゲ系のも含めたランキング作りたいですね。ナナシスに始まりハニプラ、リステ、ちょっと違うけどライブレボルトなど強い曲を生み出すコンテンツが強い曲生み出してた一年だったと思います。

 

来年もいい曲に出会えますように…

 

ライブレボルト、頼むから適当な事しないでくれ 〜アニソン現場のダイブモッシュ問題〜

あんまりマイナスな記事は書きたく無かったのですがあまりに酷かったので批判覚悟で。

 

「モラルがあればライブにマナーは要らない」ロック好きなら誰もが知ってるHi-STANDARDのギタリスト横山健さんの言葉です。

 

12/2に水瀬いのりさんのワンマンに行って凄い清々しい気持ちで12/3のライブレボルトの現場に行って来ました。元々ニコニコなオタクなのでヒゲドライバー、ゆよゆっぺ、カラスヤサボウの曲が刺さらない訳が無い。現場のスタンスとして厄介歓迎らしく、ドチャクソモッシュとか出来るのかな〜とワクワクして行ったのですが…

 

 

普通に最悪でした。水撒きはまぁ慣れてるんで良いんですけどキャパ600のハコでやる事じゃ無いし、UO投げたりしょうもないオタクしかいないんだなという感想でした。演者は肉フェスで見た時よりもレベルアップしてて良かったし曲も強いんですが、本当にオタクがキツかった。演者にも制作側にも普通に失礼ですし、水撒きも高まってやってる訳じゃなく面白いと思ってやってる感じがクソ寒かったです。

 

これに引っ掛けてアニソン現場のダイブモッシュ問題です。12/2の田所あずささんの大阪公演ではダイバーが出たらしいです、途中で落ちたらしいですが。田所の曲で飛びたい気持ちはわかるけども今はもうちょっと待ってくれ。ホリプロは色々あったんだアニイチで。そういうのがオッケーなフェスに出てそこで現場の雰囲気を見てからでも遅く無いでしょ。ただモッシュ規制は緩かったっぽいです。

 

逆に12/3にあった西沢幸奏のFCイベントではダイブオッケーが出たらしいです。素晴らしいですね。Sharkで飛びたい。

 

LiSAのSiM主催のフェスもオーラルとかよりもダイバー多くてビックリしました。死ぬ程楽しかったです。ワンマンオルスタはやらなくなったんですが、対バンとかでそういうのも解禁して欲しい。

 

ここでライブレボルトに戻ります。こういったロック系統で頑張って来たアニソンアーティストが徐々に徐々に規制だらけのアニソン現場に革命とも言える行動を起こそうとしてるのに、ライブ""レボルト""のオタクのしょうもないUO投げやらなんやらでまたモッシュなどなどに風当たりが強くなったらなったらどうするんすか。瀬島さん、ミョーホントゥスケとかもう流行ってないしオタクの統率をどうにか取ってくれ。

 

そもそもロックバンド=ダイブモッシュが当たり前って言うのがおかしくて普通に禁止行為に該当しますからね。アニソン担当してるとこだとユニゾンなんてダイブは勿論の事モッシュも特にありませんよ。ダイブしたら微妙にブスな女にツイッターでネチネチ言われます。オーラルやフォーリミですらダイブリフトが多すぎて問題になってる位ですからね。これもブスがボーカルの発言自分にいいように捉えた結果ですが。

 

確かにあーこの曲で飛びてぇ!って言うのがアニソンって気持ちもわかります。俺も1HOPE SNIPERで飛びたいもん。ただもうちょっと待って欲しい。まだかかるかもしれないけど現場をしっかり育ててから田所や西沢で気持ち良く飛べる現場を作っていって欲しいです。

 

そこで瀬島さん、過去の自分の発言に囚われずにまずはオタクにモラルを教えてあげて欲しいです。見てるかわかりませんし見てたら不躾なお願いですが何卒。

 

あとダイブモッシュしたいならSHANKに来るといいよ!!曲めちゃくちゃ良いよ!!

 

SHANK - Good Night Darling Music Video - YouTube

 

水瀬いのり1stライブが良かった話

先日12/2に行われた水瀬いのりさんの1stライブReady Steady Go!に参加して来ました~

 

水瀬いのりさん、作品イベントとかは行ってないですけど声優として元々好きだし1stのシングルのリリイベとかも行ってて声優アーティストとして結構好きなんですよ、いのりまちも入ってたし。廃町からの復活。エモ。

 

という事で曲順とともにふわっとですが感想を書いていきたいと思います。書いてみたら意外と長くなったので飛ばして最後の方だけでも読んでください。

 

1.夢のつぼみ

映像が流れてイントロが鳴った瞬間のキタキタキタキタキタww感が凄く好きですね。シルエットで水瀬いのりさんが出てきて姿が見えた瞬間、ちょっとエモくて泣きそうになっちゃいました。大サビに行く前の「行くよ!」が大好きです。

 

2.MELODY FLAG

大好き。この曲、原曲はほぼほぼエレキギターの音が入っていないので今回生バンドになって音が厚くなった感じがしてとても良かったです。ライブ映えしますね。

 

3.Lucky Clover

おいおいなんだこの曲順殺す気か?「最後まで駆け抜けよう」って歌詞を1stライブで聞くと凄く気持ち良いですね。あとこの曲大サビだけドラムが4つ打ちになるんですけど、そこが大好き。跳びポが多い曲なんで次は跳び禁じゃない会場でお願いします。

 

MCが入りました。まぁなんか1stライブって感じのMCでしたね。あとここまでは正直な話緊張か結構音程外したりしてたんですけど、このMCで落ち着いたのか次からは本調子に戻った感じがありました。

 

4.Ready Steady Go!

表題曲来るのはんや。水瀬さんジャンプすげぇ煽るじゃん今回跳び禁だって…個人的にタオル回すのあんまり好きじゃないんでただ高まってました。すいません。あと落ちサビでキー下げるの好きですよね。

 

5.笑顔が似合う日

良い曲。オタクスマイル。

 

今回セクションごとにコンセプトがあって、そのコンセプトに沿った曲を続けてやっていて、夢のつぼみ系統のポップだけど力強い感じの曲はここで終わりです。割と席が前だった事もあり耳痛くなるくらいの爆音だったんですけど、全くボーカルが負けてなくてホント声の密度が高いというか、パワーのあるボーカルだと感じましたよ。

 

バンドメンバー紹介でした。なんか結構年齢層高い感じだった印象ですね。ピアノの人が死ぬほどリズム感良くてびっくりしました。 

 

6.Dreaming Girls

ここから別セクション。ガーリーな感じの曲というコンセプトだそうです。この曲好きなんですけどバルーンに吊られて乗っていて、セットの関係で水瀬さんの足しか見えませんでした。連番のオタクがパンツチャレンジとか言って下から覗いててキツかったです。演出、やっぱりどこかの奈々様を意識しているのでしょうか…

 

7.コイセヨオトメ

はい神。大好き。イントロで痙攣するタイプ。サビで初めての振り付けにチャレンジしたらしく、めちゃくちゃ可愛かったです…「コイセヨオトメハーピネス!」のとこの歌い方、好き。

 

8.アイマイモコ

この流れ、完全に徒然チルドレンじゃん!!!徒然チルドレンさんの中でダントツで好きなカップルである所の菅原卓郎さんと高野千鶴さんの恋愛に沿った歌詞を歌っていて作品思い出して頭抱えてました。この曲の落ちサビが好きすぎます。この曲のサビ終わりのとこの裏声も全然バンドに負けてなくてやっぱすげぇ。

 

9.涙のあとに

良い曲ですね。コイセヨオトメからのアイマイモコで瀕死していたのであまり覚えていません。ごめんなさい。

 

ここで映像が流れました。望遠鏡を見ている映像でした。からの

 

10.星屑のコントレイル

はい強い。初めて聴いた時からぶっ刺さって抜けなかったんですが、もう多分一生抜けない所まで刺さった気がします。映像からノータイムで曲が始まる演出も良かったですねぇ。あと衣装が完全に奈々様。この辺からのパワー曲のボーカルは本当に圧巻でした。

 

11.Will

実質水樹奈々曲。元々歌い方も影響受けてるっぽいのでハマってましたね。すごい良かったです。

 

12.リトルシューゲイザー

それだそれだ。元々好きな曲だったんですが原曲よりギターが全面に出ててライブ映えしてました。水瀬さん明らかにネガティブな感情が強い人間だと思うのでもっとこういう曲歌ってほしいですね。

 

強い曲セクション終わり。やっぱりこのキレ散らかしたボーカル大好きです。

 

13.Starry Wish

アンセム。歌が上手いねやっぱり。イェッタイガーさすがにみんな飽きたのか減ってました。

 

14.いつもずっと

良い。

 

15.Winter Wonder Wander

5thシングルの急に現れた強い曲。春空の流れ踏んだイントロだったり、変なタイミングでの移調など凄い凝った作曲。雪が降ってきて楽しそうにしてました。ただ降り過ぎだろ。髪の毛真っ白になってた。

 

16.旅の途中

1stライブは旅の途中。

 

17.Innocent flower

ソロ活動において大事な曲ですね。誰かにとってのInnocent flowerでありたい。

 

アンコール

18.春空

アンコール一発目これかーといった感じでした。Tシャツのホットパンツ、今日の衣装で一番似合ってました。

 

サプライズ映像で大西登場。顔が好きなので高まりました。水瀬と大西の話くだらなさすぎて苦手な人が多いですけどああいうのも僕は結構好き。

 

19.Happy Birthday

この曲前のMCで「同じ誕生日の人~!」ってたらレス乞食がクソ煩くて笑っちゃいました。近くの人が水瀬と全く同じ誕生日でレス貰ってましたが、22歳アピールをしたかったんだろうけど完全にダブルピースしてるアホになっててめちゃ面白かった。自分の誕生日だけでなく、毎日が誰かの誕生日である事をお祝いする曲にしたのは素晴らしいと思いました。

 

20.harmony ribbon

エモい。言語化不能です。水瀬さんちょっと泣いててもらい泣きしてしまいました。

 

20曲もやり通して声が枯れたり、バテたりする事も無くただただ圧巻の''ライブ''って感じでした。

 

1stライブまでが結構長かったイメージだったので、集大成的なライブになるかと思ったのですが、銀テにも書いてあった通り、ここがスタートだという意気込みも感じられてこれからのアーティスト活動にも期待が持てるライブだったのではと。あと、MCとかで他人に興味が無い感じとか我の強い感じを出していくのも凄い好き。だけどもやっぱりファンを大切にする気持ちは伝わった気がします。

 

このライブで思ったのはやっぱり大元は声優であるという事を活かした活動をする声優アーティストって良いなという事ですね。

可愛い曲だったり、パワーのある曲だったり、悲しい曲だったり、それぞれではアーティストにはかなわないかもしれないですが、それら色々なジャンルをその人柄になりきって歌う事でライブやアルバムを1つの作品として完成させる事で、声優アーティストというジャンルが完成するんじゃないかな〜と。

 

次のライブでは夢のつぼみ始まりでは無く違う曲で初めて欲しいですね。レディステとか。あとWinter~から春空に繋ぐやつもやって欲しい。

 

内容も2時間半と割と長かったのですが、間延びしたMCとかも特に無く、コンパクトにまとまってる気がしたのでとってもいいライブだったのでは。次ツアーとかあったら行きたいですね。

 

あと水瀬いのりさんのオタク、うたわれるもののゲームをやってくれ。

 

楽曲派ぶってマウントを取りたいオタクのための楽曲派講座

みなさん今日も今日とてマウント合戦頑張っていますか~~!???

 

最近多いですよね、あのアニメ見てないだとかあのイベントに行ってないだとかでマウントを取るオタク。その中でも多いのが楽曲派さんチームです。口癖は「~~(アニメもしくはゲーム)は楽曲派だからww」なんだそれ、アニメ見るのめんどくさいだけだろ、逃げるな、戦え。

 

そんな楽曲派ぶれるフレーズやテクニックを書いていこうと思います。指摘されたら頑張って繋いでください。

 

①アニソン作曲家の名前を連呼する。

定番のテクニックですね。エレガの藤永は~とか田淵曲はやっぱ強いわ~とかです。特にI've、エレガ辺りのマイナー気味な作曲家とか良いでしょう。Arte Refactとか推してると通ぶりポイントが加算されます。

 

②とりあえず編曲を褒める

最近編曲家さんの仕事が認知されてきたので、編曲を褒めるのもいいでしょう。確かに曲に対して編曲が占める割合は高いので実践しやすいテクニックでしょう。「堀江晶太の編曲やっぱ最高だわ」などです。実際作曲元がどこまで作ってるかはわからない事が多いので突っ込みすぎるとケガをします。気を付けましょう。

 

③とりあえずアニソンを作曲しているバンドを聞く

ニゾンやら最近だとフジファブリックとかですね。適用に一曲聞いてその話をしたらいいと思います。

 

④コード進行をベラベラ喋る

コード進行は色々ありますが、最近だと無料ギターコード譜&歌詞検索 押さえ方も分かる! U-フレットというサイトでコード進行が見れますのでそこで適当に好きな曲のコードを見ましょう。そこでBmaj7とかなんか文字が多いとこを褒めておけばそれっぽいです。あとはオトナモードって椎名林檎進行じゃね?って言っとけばそれっぽいです。あとBmからEmのコード進行多いよな~とかG→Fのコードってジョンレノンが作ったんだぜ!とか言っとけはそれっぽいです。あと米津玄師の進行を褒めとけばそれっぽいです。ピースサイン砂の惑星のサビ終わりの移調とか。

 

フィロソフィーのダンスを聞きましょう

 

フィロソフィーのダンス「ダンス・ファウンダー」MV - YouTube

凄い楽曲派っぽいでしょ?ライブだと歌唱力担当の二人は歌クソ上手いですしビジュアル担当の二人は可愛いです。僕はおとはすが好き。ライブも楽しいですし一回行って見ましょう!!東名阪ツアーもあるよ!!!ザ・ファウンダーってアルバムが各ストリーミングサイト(Apple musicとか)で配信されてるので是非聞いてみてくださいね!

 僕はすききらいアンチノミーが好きです!

アニソンのバンドサウンド化

この前アニソンイチバンで感じた事です。

 

アニソンイチバン!とはホリプロの声優やアニソンアーティストが集まって行うフェスの様なものです。まぁかなーりわかりやすく言うとUKFCみたいな感じ。(ホントに?)

 

このイベント絶対にカバーがあるんですけど、歌う本人が曲を決める事がほとんどで今回も声優が曲を決めていました。んでこのイベントの僕のピークが

 

10% roll, 10% romance/大橋彩香

シルエット/大橋彩香

Survivor/大木貢祐

 

え?激ロックに来たんだっけ?俺

 

これ全部アニソン、しかもオタクから大人気なんですよ、会場もめちゃくちゃ盛り上がってました。

 

昔からバンドとオタクって背中合わせなんですよね意外と

 

TMに始まり、ポルノグラフィティUVERworldなどのバンドが数多くのアニソンをやったりしていたのですが、最近明らかに変わったのはバンドの作曲者が声優に曲提供、更にはプロデュースまで始めた事でしょう。

 

UNISON SQUARE GARDEN田淵智也、キレ散らかした様なベースプレイで有名な彼ですが最近はアホほどアニソンを作っています。何が凄いってこの人の提供曲のオタク受けが凄いんですよね。ユニゾン自体もアニソンをやってるしオリオンをなぞるシュガーソングとビターステップなどドドドアンセムを産み出し続けているのですが、提供曲も凄過ぎるんですよこれ。

 

内田真礼2ndシングル「ギミー!レボリューション」ミュージックビデオ - YouTube

 

Haruka Tomatsu - Q&A Recital - YouTube

 

オタクなら一度は聴いたことある曲、しかもイントロ2秒くらいでぶっ壊れるタイプの曲ですね。

 

タドコロックというテーマを掲げている田所あずささんの製作陣も、田淵智也を始め忘れらんねぇよなどのバンドも参加しており、Fighter's highという曲ではギターの妖精9mm滝がギターを弾いています。ソロは圧巻です。

 またフジファブリック中島愛さんをプロデュースしたりしています。

 

ロッキン系のフェスはオタクDAYが出来上がっていますね。去年なんて04やブルエンを差し置いてLiSAがGALAXY STAGEのトリを取っていました。正直集客とか見てると明らかに早過ぎたステージでしたがその位期待を込められているのでしょう。

 

客層でもオタクキッズというジャンル?も存在しており、ロックフェスでオタ芸をする事を生業としてるらしいです。

 

そういう人達を除いても、バンドの曲なんてアニソンじゃねぇ!!!みたいな人達は明らかに減っていて、むしろアニメタイアップはメジャーデビュー1発目の大きなブーストになりつつあります。ブルエンやオーラル、最近ではBenthemなどなど。これってやっぱり客層が近いからだと思うんですよ。

 

バンドをやっていなくてもゴリゴリのバンドサウンドのアニソン作曲者も増えていて僕にとっては嬉しい環境になったな〜と思いますが、MONACAだったりI'veだったりのシンセサイザーゴリゴリのアニソンがひと昔前のアニソンになりつつあるのは少し悲しいところではありますね。

 

最近の僕の推しアニソン作曲家は睦月周平さんです。最後にオススメ貼って終わりますね。

 

【バトガ】f*f - 「Deep-Connect」PV - YouTube

 

Soul Believer ~ワイルド・アジュール・バージョン~ 【キラキラプリキュア アラモード ボーカルアルバム】 - YouTube

 

これプリキュアの曲ですよ?幼女にこんなの聴かせたら歩く前にツーステ覚えちゃいますよ。

 

マジカルミライ2017に行って来ました。

いや〜最高でしたね。

 

2016年は行けなかったので、2年振りのマジカルミライ。僕は2日目の昼公演のみ参加でした。特にアツかった曲達をつらつら書いて行きます〜

 

3日間のセトリはこんな感じでした。

 

 

1曲目 もっとみっくみっくにしてあげる

初手から号泣してました。もう無理。古参を殺しに来てますね。

 

2曲目 ストリーミングハート

DECO*27の中では新しい方のこの曲、めちゃくちゃカッコいい。この辺から明らかに音源凝り出しましたよね。この曲で気づいたんですけど初音ミクのホログラム?がどの方向から見てもミクが正面を向くように出来てるみたいでミクちゃんから爆レスでした。推され。

 

3曲目 エイリアンエイリアン

2016年四天王の一角、エイリアンエイリアンです。古参の人は全く知らなくて最近聴いてる人には凄い人気の曲ですね。振り付けかわいいクラップ楽しい。この三曲は踊りまくってました。

 

4曲目 Singularity 

オーディション枠。この曲の方がテーマソングっぽいですよね。Singと掛けてるのがオサレ。

 

5曲目 ヒビカセ

パリピ。ギガPの曲ではダントツで好きですね。「言の葉と初の音が交わるこの息と音とヒビカセ」って歌詞が凄い好き。この曲の歌詞は僕が初音ミクに対して思う事を歌ってくれてる気がします。

 

6曲目 ツギハギスタッカート

ミクの衣装が可愛かった〜 完全に恋をしてしまいました。この曲、電話の音が入ってたり、結んで開いて〜のとこがサビとメロが似ててキーが変わってたりするとこが好きです。意外と音作りが難しかったんじゃないかな〜演奏凄いですね。

 

7曲目 スイートマジック

リンちゃんなう!!!可愛い!!!

ろんへの提供曲だと思ってたのでやってくれてめちゃくちゃブチ上がりました。4U含めJunkyにボコボコにされ続けています。

 

8曲目 脱法ロック

最初え、これがNeru?って感じでそこまで好きでは無かったんですがライブだとクソ楽しいですねこれ。ただあの狂い散らかしたPVを見ながら聴きたかった…

 

9曲目 ドクター=ファンクビート

かなりカッコよく歌っていました。合いの手にMAIKOとレンがいたのも良かったですね。ただ、千年の独奏歌が…

 

10曲目 忘却心中

不意打ちって意味ではこの曲が一番でしたね。Nostalogicやろどーせーとか思ってたらボコボコにされました。飛びまくってましたね。

 

11曲目 どりーみんチュチュ

ミク、リン、ルカ可愛い。ハッピーシンセサイザのが聴きたかった。

 

12曲目 Birthday 

歌詞も10周年にピッタリですね。

 

13曲目 えれくとりっく・えんじぇう

古参パート突入!!!!これぞ初音ミク!!!って感じの曲で大好きなんですよこれホント。生バンドもハマりまくってて本当にカチ上がりました。

 

14曲目 Fire◎Flower

普通に号泣してました。この曲は本当に聴いた。未だにけったろのラップ言えますもん。誰も見てないであろう天井にちゃんと花火打ち上げてて、演出にもやられました。

 

15曲目 ココロ

殺しに来てますよね?ボロボロ泣いてました。あんまり覚えてないです。

 

16曲目 いーあるふぁんくらぶ

この辺で完全に躁鬱が乱高下してました。GUMI曲だからやらんやろ〜って思ってたんですがまさかですよ。連番が「伊藤美来を出せ!!!!」って言ってたのがキツかったです。

 

17曲目 ルカルカ☆ナイトフィーバー

ブチブチになりました。未だにサビ振りコピ覚えてて自分でもビックリしたんですけど、それ以上に周りが誰もやってなくてビックリしました。時代は変わりますね…

 

バンドメンバー紹介 Nyanyanyanyanyanyanya!

Nyanya〜をバンドメンバー紹介に使うの有能過ぎません?素晴らしい選曲ですねこれ。

バンドメンバーの方々、3日で5公演毎回30曲近く、しかもVOCALOIDに合わせなきゃいけないのでミスが許されない状況の中の演奏本当にお疲れ様でした。毎回思うのですがマジカルミライの1番の功労者ではないでしょうか。

 

18曲目 気まぐれメルシィ

Nyanya〜が来たのでこれはキャットフードかエンヴィキャットウォークだろ!ヴォォォォォォイ!って一人で先走っていてイントロ鳴った瞬間に違う…と一瞬低まったのですがあのPVの衣装で初音ミクが出て来てテンション急上昇。八王子Pでトップクラスに好きなんですよね〜この曲、サビの振り付けがめちゃくちゃ好き。あと衣装が可愛い。

 

19曲目 TODAY THE FUTURE

この曲だけ知らなかったんですよね。すいません。流石にアンテナが鈍ってました。歌おう〜でみんなに歌って欲しかったのかもしれないですが、みんなわからなかったっぽいですね。あとナユタンの新曲のリバースユニバースの「未来がフューチャー」ってのこれが元ネタなんですか、誰か教えてください。

 

20曲目 なりすましゲンガー

ミクとリンが楽器を演奏するホログラムでしたね。昔のマジカルミライでアンハッピーリフレインをミクがギターを演奏するアクションがあったんですが、技術かなり進化してましたね。ほぼほぼバンドメンバーの方々とシンクロしていてそこばっか見てしまいました。

 

21曲目 Shake it!!

マジカルミライ定番ですね。歌詞も曲調も明るいのに何故か切なくなってしまうダンスナンバー。コールアンドレスポンスめちゃくちゃ楽しい。ナナシスの初期の777の楽曲を担当しているemonさんの曲なのでナナシス好きにもオススメ。

 

22曲目 メルト

本編ラストにこの曲を持ってくるの最高ですね。何を隠そうメルトショックにて生まれた生命なので感極まってました。ラーラーラーのとこで、メルトから入って恋するVOC@LOIDだったりcelluloidだったりを聞いて…っていう流れがフラッシュバックして座り込んでました。

 

アンコール 1曲目 砂の惑星

この曲の演出だけ少し不満がありますね…なんか凄い無理やり明るい曲に持っていこうとしてる感じがして…初音ミクにだけスポットライトを当てて後ろモニターで初音ミクが歩く映像を流し、どんどん楽曲に出会って行くみたいな感じの演出かと思っていたのですが…レーザー飛びまくりで「イェーイ!」とかレスポンスになってて少し違和感を覚えていました。アウトロのギタークソほどカッコいいので生で聴けてよかったです。

 

2曲目 39みゅーじっく!

初音ミク!!!

楽しい。みきとPの楽しいところ詰め合わせセットって感じで好きです。

 

3曲目 Hand in Hand

ハンドインハンド!!!

一番テーマソングっぽいですねこの曲。コールアンドレスポンスもありつつ綺麗なメロディー、炸裂するkz節とてんこ盛りな感じです。

 

4曲目 DECORATER

あの全員出て来て最後消えてく演出卑怯じゃないですか…また泣いてしまいました。

 

ダブルアンコール ハジメテノオト

前日にツイッターで絶対にハジメテノオトで〆て欲しい!!って騒いでたらホントに来てしまって立てなくなりました。この歌詞ホントに凄くないですか?年月が経つ度にこの曲の歌詞が沁みてきますね…僕らは変わっても初音ミクだったり、その楽曲だったり、そこで得た思い出は変わらないって事を伝えてくれる本当に大好きな曲です。

全部の歌詞が素晴らしいのでまた別で何か書こうかと思います。

 

こんな感じで完全に躁鬱が乱高下したマジカルミライでした。読み返すと適当な事しか言ってませんね。すいません。

中学〜大学までの学生の大事な時間を費やしてきたVOCALOIDの楽曲がこういった形で聴けるのは本当に嬉しいし、懐古しちゃいますね。未だに知ってるボカロPが提供してる曲聞いちゃいますし、kemuやwowakaは昔より好きになってる気がする。

 

不満点は先に上げた砂の惑星の演出くらいでしたが、OSTERやwowaka、doriko、暴走Pの曲はやるべきだったのではと。

 

1日目のセトリは見ていなくて、ハジメテノオトでエモくなって会場を出たんですがその後にマジミラ初のセトリ変更があった事を知って転げ落ちました。その内容がまた…

 

サイハテ!メランコリック!右肩の蝶!リモコン!ダブルラリアット!!!!!

 

いや、えれくとりっくとかF◎Fとかココロとかルカルカも大好きだけど…そっちの方が聴きたかった…特に右肩の蝶とサイハテ…

 

という事で来年は全通したいと思います。チケ取れます様に…

 

wowakaとヒトリエの共通点と違いから見るアンノウン・マザーグース

初音ミクさん10周年おめでとうございます。

 

2017年のボカロ界、ヤバくない?wow wow

マジカルミライも参加が決定してVOCALOIDモチベがモリモリ上がっているのでまたボカロの記事です。

 

 

 

wowakaさんが新曲を投稿しました。この人がボカロ界に与えた衝撃は凄かったんですよ、ホントに。

米津玄師 ハチ on Twitter: "wowakaさんがボーカロイド界隈に与えた影響は相当なものがあって、彼が「ボカロっぽい」という概念を作り上げたのだと思う。僕も例に洩れずwowakaさんに影響を受けた人間の一人として、最大級の敬意を感じてる。とにかく最高。"

 

あの米津玄師がこう言ってる位です。多分ボカロを聞き始めた時にwowakaから入ったって人も少なくないと思います。僕もwowakaがきっかけでは無かったのですがとおせんぼ→僕のサイノウ→裏表ラバーズの流れでボカロに没頭する事になったので、かなりwowakaが僕に与えた影響は大きかったです。

 

2009年に初投稿、裏表ラバーズでスマッシュヒットを飛ばしローリンガールワールズエンド・ダンスホールなど大人気曲を次々に生み出し2011年にアンハッピーリフレインを投稿、アルバムの発売を機に自身が主宰を務めるヒトリエというバンドに転向して一旦活動は幕を閉じました。

 

こう書いてみると2009年~2011年のボカロ界ってホントに濃かったですね…2017年も大分濃いですが。

 

正直、ヒトリエは最初は全然聞いてませんでした。やっぱりあの無機質な感じが好きだったので急に人の声、しかも男性の声になってかなり違和感を感じていましたが、フェスに出るから聞くか~って聞いたらハマりました。やっぱりwowaka好きなんすね。

 

wowaka愛が炸裂した所で本題です。共通点と違いをモリモリ上げていきます。バンド経験は無いので間違えてたらごめんなさい。便宜上ボカロ時代をwowaka、バンド時代をヒトリエとします。

 

それぞれの違い

① 歌詞

wowakaの曲はボカロっぽいを確立したと言われる一つの理由は歌詞だと考えてます。

 

一見すると意味不明で抽象的な歌詞が並んでいます。網膜の上に貼っちゃってーとか、は?って感じでしょう。でも何か綺麗なんですよ。それがその時期漠然とあったボカロっぽさに正解を叩きつけた印象でした。後発で早口の多いれるりりは歌詞に固有名詞が多く具体的過ぎるし、トーマは物語性が強く、強烈な言葉を紡いでいるので少し違うかと。

 

対してヒトリエはなんかダサいんですよね。癖になる感じはあるんですが、合点承知ベイベとかなんだその売れない芸人の一発ギャグは、って感じ。更に男性ボーカルになってしまったのであの無機質さがどうしても薄れてしまっている印象です。

 

② 曲に対するフックの付け方

wowaka時代の曲はいい意味でストレートでした。変拍子もあまり無くシンプルな展開が多かったです。ワールズエンド・ダンスホールとか聞いてもらえばわかるんですが複雑なのはサビ前の早口位です。

その中で曲にフックを付けるために色々と演奏を複雑にして、例えばワールズエンド・ダンスホール、イントロからケツまで超速でハイハットを刻んでいます。原曲通りに演奏するならこれもう修行です。

あと割とピアノが使われています。ローリンガールのイントロとか綺麗なピアノが入ることによって曲に含みが出ます。

 

それに比べヒトリエは4人で人間が演奏することを考慮した作りになっていて、こういった鬼畜ビートや鬼カッティングは減っており、代わりに変拍子を代用している気がします。センスレス・ワンダーなどなど。ヒトリエ版のワールズエンド・ダンスホールを聴いてもらえばわかると思います。

 

共通点

① イントロのインパクト重視

ヒトリエもwowakaのイントロが基本的にアツイ。裏表ラバーズのブザー音?だったりローリンガールのピアノだったり、センスレスワンダーやトーキーダンスのギターだったり、イントロでうおおおお何か始まるぞおおおおお!!って思わせるのが上手いです。これはライブで真価を発揮します。

 

②急に跳ね上がる歌の音程と早口

これは一番の特徴ですね。トーキーダンスのサビ前の早口とサビの入りの音程の飛び方とワールズエンド・ダンスホール、そっくりですね。

 

で、本題のアンノウンマザーグースなんですがこの共通点とそれぞれ違う点を上手く混ぜ合わせた楽曲になってるんですよこれ。

 

まず歌い出しからのイントロですが、歌い出しの部分だけギターがかなりカチャカチャしています。それにイントロのワクワク感は健在です。

 

テンポ感とかはwowakaっぽいですね。ストレートです。

 

ただ、今回レコーディングはヒトリエメンバーで行ったらしくやはり人間が演奏している分wowaka曲程難しくはありません。

 

また歌詞なんですが早口部分にはライラライライなどまたは?ってなる様なダサさはあるんですが、全体的に凄く綺麗な歌詞ですよねこれ。

 

最後の「あなたなら何を願うか」からがもう綺麗過ぎる。なんかこう主体が誰かハッキリ明かしてないのにあ、ミクとwowakaの関係なのかなと感じてしまうこの歌詞凄いと思います。

 

この曲ヒトリエっぽくもwowakaっぽくもあるんですよ。ハチがかなり米津玄師よりに仕上げてきたのとは違って(それはそれで良いんですが)どちらにも取れる様に仕上げてきたのは本当に流石だなぁと。

 

ということでみんなヒトリエも聞こう!トーキーダンスとかカッコイイしカラノワレモノは歌詞めちゃくちゃ綺麗だよ!ライブ行けばワールズエンド・ダンスホールとか聴けるかもよ!

 

それぞれの特に好きな二曲貼っときます。みんな聞いてね!!

ヒトリエ 『カラノワレモノ[ReREC]』 MV / HITORIE – KARA NO WAREMONO[ReREC] - YouTube

 

wowaka(現実逃避P) feat. 初音ミク - Nichijou to Chikyuu no Gakubuchi - YouTube